もやもやっとした


by weblogs

健康志向のジャンクフード、バイソン・ホットドッグ

アメリカ人って具の少ないホットドックが好きですよね。
パン、ソーセージ、少量のキャベツ、ソース、終わり。
日本人はいろいろ入ったのが好きですね。

モスバーガーの菜摘はアメリカの健康ブームを真似したそうですが。

ニューヨークでは3月中旬だというのに外は思いっきり吹雪いていますが、いよいよ野球のシーズン開幕です。今年は過去最多の12人の日本人メジャーリーガーが誕生! どのような活躍をしてくれるのか今から楽しみですね。是非本場のスタジアムで観戦したいです。

そして 野球観戦と言えば、欠かせないのがホットドッグ。
ジャンクフード大好きのアメリカでは、年間約20億本ものホットドッグが消費されているそう。国民の60%以上が肥満になる訳でです。そこで最近注目なのが、低脂肪、低コレステロールのバイソンのホットドッグ。

バイソンとはアメリカ・バッファローのこと。一時は絶滅の危機に瀕していたけれど、食用に放牧できるまで増えてきました。その肉は、赤身が多く、風味が強くて大変おいしいと評判。もっぱら中西部の牧場で、観光客向けにステーキにされて出されていましたが、ホットドッグやジャーキー等の加工品がネットで販売されるようになってから、健康志向の強い都会でもしわじわと人気が出てきました。今では、ニューヨークの高級スーパーにも置かれているそうです。

[PR]
by weblogs | 2005-03-11 12:14 | へぇー