もやもやっとした


by weblogs

タイプミスでスーダンが核実験の恐怖に

事実のタイプミスだったから、ちょっと不安だったけど一安心でおわりました。
でも、これが、セダンでやりなさい→スーダンでやりなさいという指示のタイプミスだったら恐怖ですね。
イラクやアフガニスタンの誤爆が多かったし(先日はイタリア人が誤射されたし)。

戦争や危険なことはより丁寧に行っていただきたいと思います。

タイプミスでスーダンが核実験の恐怖に | Excite エキサイト
[ハルツーム 10日 ロイター] 今週、米国議会の速記者が1962年と1970年にアフリカのスーダンで米国が核実験を行ったというタイプミスをしてしまったために、スーダンのマスコミは核実験を恐れるニュースでもちきりになった。

米国下院議会の軍事小委員会が公開した、スーダンでの核実験に関する議論のレポートに関して、スーダン政府は米国政府に内部調査と説明を求めていた。

しかし、このニュースを聞いて米国大使を召喚したムスタファ・オスマン・イスマイル外務大臣が木曜日に語ったところによると、スーダン(Sudan)という言葉は、セダン(Sedan)というネバダ州にある核実験用地の名前のタイプミスであることが判明したという。

「アメリカは…タイプミスのせいだと言ってました」と大臣は記者団に語った。「“セダン”と記述するところを軍事委員会の速記者が間違って“スーダン”と打ってしまったそうです」と述べた。

「今はこのスペルの間違いを修正し、核実験が行われたのはスーダンではなくてアメリカのネバダ州にあるセダンだと正式に発表がありました」と大臣は付け加えた。

首都ハルツームのある米国大使館関係者は、スーダンでは核実験が行われたことは無いと確約する声明文が発表されたと言う。しかし、どうしてこんなミスが起こってしまったのかについての説明はしていない。3月2日に行われた戦略武力委員会での公聴会の正式な筆記記録はすでに修正されていて、当初“セダン”がスペルミスされていたと注釈がついている。

イスマイル大臣は核実験の報道が本当ではなく、非常に安心していると語った。「我々の最大の気がかりは、もちろんスーダン国民のことでした」と言った。

[日本語訳・D姐]

[PR]
by weblogs | 2005-03-12 00:28 | へぇー