もやもやっとした


by weblogs

コトバの乱れ 迷ったら「びみょう」96% 文化庁の日本語世論調査

おいしい、すてきだ、うれしい→やばい
(やばいほど~。こんなに~だと人間万事塞翁が馬でやばくなるのでは・・・ってことか)

汚名挽回 汚名を取り戻してどうする?!
青田刈り 稲が緑の状態で刈ったら何の役にも立たない。

よく考えればわかるけど、何の気なしにおざなりにしゃべりますからね。


おざなり と なおざり
よくわからん。
Excite エキサイト : 社会ニュース
共同通信


 いいか悪いか判断がつかなかった時に「びみょう(微妙)」という言葉を使う人が58%に上り、10代では96%を超えることが12日、文化庁の日本語に関する世論調査で分かった。素晴らしいやすごい、おいしいなどの意味で「やばい」を使う10代も71%に達した。
 文化庁は「びみょうは価値判断を避ける若者言葉だが、何とも言い表しようがないという本来の意味と近いため4、50代でも高い数字となったのではないか。定着するかは現時点では判断できない」と分析している。
 調査は1月から2月にかけ全国16歳以上の男女3000人を対象に実施、73%から回答を得た。
 「びみょう」「やばい」のほか、面倒くさいことや不快感を表す「うざい」は17%だったが、10代は70%と高かった。

[PR]
by weblogs | 2005-07-13 16:16 | へぇー