もやもやっとした


by weblogs

ビートたけしとその家族

喜怒哀楽、楽あれば苦あり、悲喜こもごも。

塚本高史&市川由衣、浴衣の北野家
テレビ朝日ドラマ「菊次郎とさき」(21日スタート、木曜午後9時)で、若き日のビートたけしと姉安子を演じる塚本高史(22)市川由衣(19)が16日、都内の同局で浴衣姿でPRイベントを行った。浴衣姿の2人は「昭和の感じの撮影現場が懐かしく、居心地がいい」。塚本は「裕福じゃないけどみんなが助け合って笑いがある。こんな家族の一員だったら幸せだと思う」と話していた。
Excite エキサイト : 芸能ニュース

長男結婚でも晴れないビートたけしの憂鬱
喜んでいいのか悲しむべきか――ビートたけし(58)がハムレットの心境だという。つい先日、娘・井子(22)の別居が発覚したばかりというのに、今度は長男に結婚話が持ち上がっている。相手はたけしが所属する事務所のタレント・たかだゆうこで、すでに妊娠しているともいわれる。
「たけしの長男は、井子以上に“頭痛のタネ”だったのです。高校卒業後は早稲田大学を目指して予備校に通っていたが、いつの間にか進学を断念。今度は“デザイナーになる”と言ってニューヨークに留学し、一時は歌手デビュー後に渡米した井子とも同居していた。当時、井子が夢中になり、現在は松田聖子のマネジャーになっているM氏を井子に紹介したのも長男です。ところが、デザイナー修業もいつの間にか挫折し、数年前にコッソリと日本に戻ってきていたのです」(事情通)

 帰国後、どんな仕事をしているのか、周辺に聞いても知る人はいない。そんな長男が身を固めてくれるとなれば、たけしにとってはひと安心というところだろう。久々に聞いた朗報ではないか。

「井子の離婚調停がドロドロなだけに、“気休め”にはなっていると思います。娘夫婦の離婚はもはや避けがたく、現在、たけしと同居している孫は、間もなく父親を失うことになる。気がかりだった長男がきちんとした家庭を築いてくれることだけがせめてもの救いでしょう」(芸能記者)

 もとはといえば、たけし自身が「幸せな家庭づくり」には失敗している。自業自得といえばそれまでで、ハムレットの心境を味わえるだけ、めっけもんかも知れない。
Excite エキサイト : 芸能ニュース
[PR]
by weblogs | 2005-07-18 00:28 | へぇー