もやもやっとした


by weblogs

大魔神佐々木と榎本加奈子

引退試合って大々的にやってたけど、主催者は巨人。
清原と対決してましたね。涙でボールが見えなくて打てなかったポイ。
「三塁側ベンチの上の最前列シートで観戦していたから、かなり目立っていました」(スポーツ担当記者)
 9日に仙台で行われた横浜ベイスターズの佐々木主浩(37)の“引退試合”に、5月に入籍したばかりの“新妻”榎本加奈子(24)が姿を見せ、スポーツ紙の1面を飾った。

 榎本は球場に佐々木の母親、前妻の長男、長女と一緒に来場。胸には4月に生まれたばかりの赤ん坊を抱えて試合を観戦した。

「佐々木の登板が終わるとすぐにスタンドから引き揚げました。登板中は2人の子供とも互いに携帯で写真を撮り合い、仲の良いところを見せていました」(スポーツ担当記者=前出)

 そんな様子をマスコミは“仲のいい大魔神ファミリー”という美談仕立てで報じた。また、榎本自身も周囲には“大魔神夫人”を強烈に印象づけることもできた。

 しかし、榎本に向けられる視線は温かいものばかりではない。そもそも榎本は3年間もの不倫の末に、佐々木の前妻を追い出して子供を出産した。ドロドロの愛憎劇の末に球界最高年俸選手の妻の座を奪い取ったのである。

「彼女には後ろめたさなんかないんでしょうね。普通の感覚の持ち主なら少しは遠慮がちになると思う。でも榎本の場合、マスコミに撮られることは計算済みだから“したたか”という他に言葉が見当たりません」(芸能リポーター)

 大魔神の登板を見つめていた榎本に対する周囲の反応は冷ややかだったのだ。



清原左ひざ手術決断!現役続行のため移籍へ [ 08月17日 06時15分 ]

 清原が今季限りで巨人を退団、他球団へ移籍して現役生活を続ける公算が高くなった。巨人の清原和博内野手(37)は16日、川崎市のジャイアンツ球場を訪れ球団トレーナー陣と会談。早ければ今月中にも損傷した左ひざ半月板の手術を受けることが決定した。今季中の復帰は難しい状況だが、清原本人は来季のプレーに意欲的。しかし、今季が4年契約の最終年であることから“戦力外”となる可能性が高く、移籍の道を選ばざるを得ない状況に追い込まれそうだ。

[PR]
by weblogs | 2005-08-17 10:15 | へぇー