もやもやっとした


by weblogs

<   2005年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

いつ終わるのか、確かに気になります。


「いいとも」生放送中に珍事発生 [ 09月22日 06時15分 ]

 フジテレビの看板番組「笑っていいとも!」(月~金曜、正午)の生放送中、司会者のタモリ(60)に観客席から質問した男性が退席させられるハプニングが21日、起きた。いきなり「番組は年内に終了するんですか?」という予定外の質問をぶつけられ、タモリが失笑。退席後、番組サイドが男性の席にくまのぬいぐるみを置く緊急措置をとった。この日で放送5887回を迎えた長寿番組で前代未聞の騒動だった。

 今年10月で開始から丸23年を迎える長寿番組で「過去にはなかったと思いますが…」(フジ広報担当者)という珍事が発生した。騒動は、定番コーナー「テレホンショッキング」で起きた。ゲストの山崎邦正(37)とタモリがトーク中に、観客席から「いいともが年内に終了すると聞いたのですが、本当ですか?」との質問。タモリは「聞いてないですよ」と冷静に反応。同じ男性が間髪入れずに「終了するって本当なんですか?」と繰り返したため、スタジオは“微妙”な雰囲気に包まれた。

 普段から、タモリが観客に突っ込みを入れたり、会話をしたりする光景はよく見られる。しかし、この日だけはスタッフが騒動の男性客に退席を申し入れた。CM明けには男性の姿はなく、席にクマのぬいぐるみが置かれ「あの人、クマに変わっちゃった」(山崎)とギャグにして、放送を乗り切った。

 クマのぬいぐるみは、他局の日本テレビで1960~70年代に一世風びした幼児番組「ロンパールーム」の手法。言うことを聞かない子どもを退場させた時のきり返し技として伝説化。今回、スタッフがこれをまねて機転を利かせたようだ。

 同局では「進行業務の妨害ということで、CM中に話し合い、ご理解いただいた上でご退席いただいた。ぬいぐるみはたまたまそばにあったので使ったようです」(広報担当)と説明。観客は番組HPなどで募集され、高校生不可で18歳以上なら誰でも申し込める。

 生放送ならではのハプニングだが、坪田譲治プロデューサーも「番組は1万回を目指してまい進中ですから、終了はしませんよ」とコメント。この日ばかりは、笑って「いいとも!」とはいかなかったようだ。
Excite エキサイト : 芸能ニュース
[PR]
by weblogs | 2005-09-22 23:07 | へぇー
「女王の教室」はすごかったなあ・・・ 最終回も期待を裏切らない内容で、ほっとしました。わりとあるからね。ラストがぐだぐだなおはなし。

毎週欠かさず見たドラマ。こんなにドキドキして放送日を待ったのは何年振りでしょうか。
用事があるときは録画までして見るなんて、ほんとになかなかないことです。

マヤがラストに笑顔を見せる、というラストでよかったとおもいます。

卒業式で号泣して「みんな、大好きよ!」なんて姿はものすごーくベタで、ちっともマヤらしくない。だけどイマドキのドラマだからそうゆうお涙頂戴的なベタなオチもあるのかな、とちょっと覚悟していました。

続編・・・・
イイモノをつくってくれるなら嬉しいけど、このドラマの持つ空気感みたいなものはなくさないで欲しいな。



「女王の教室」最終回25.3%!続編へ [ 09月21日 06時15分 ]

 女性教師と小学校児童たちの戦いを描いた日本テレビのドラマ「女王の教室」が、17日放送の最終回で番組最高の平均視聴率25・3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した。7月の放送開始当初から天海祐希(38)が演じる「悪魔のような教師」の厳しすぎる言動に賛否両論がうず巻いたものの、最後は視聴者の支持を得て“完勝”した格好。来年以降に続編や、映画化の話も出てきた。

 徹底した成績重視主義、差別や体罰で子供たちを管理してきた“連ドラ史上最悪の教師”が最後は思わぬ支持を得た。

 90分に拡大して放送された最終回の瞬間最高視聴率は、ラストに近い午後10時19分の31・2%。小学校卒業で担任の下を巣立った元女子児童(志田未来)と、天海が演じる阿久津真矢が偶然、再会。それまで封印していた笑顔を真矢が見せるシーンだった。

 番組の大平太プロデューサーは「批判や意見をいただいたが、最終回でこのような数字をとれたのは、真矢の言葉を借りて伝えようとしたメッセージが届いたのだと思う」と感激。未経験のヒール役を演じ続けた天海も大喜びしているという。

 同局には既に続編を求める声が視聴者から寄せられているほか、放送中から映画化の話まで飛び交った。最終回での好結果は、続編の実現を大きく後押ししそうだ。スタッフは乗り気で、真矢のバックグラウンドなど、描かれていない内容が多いことから「スペシャルなどで真矢個人について描ければ」(大平プロデューサー)と意欲。具体的な作業はこれからだが「稀有(けう)なキャラクターをこのまま終わらせたくない。主役は天海さんしか考えられない」と話している。

 「将来、人もうらやむような幸せな暮らしができる人はこの中の6%」「特権階級の人があなたたちに望んでいるのは、ずっと愚かでいてくれること」。子供たちに次々と過激な言葉をぶつける真矢に対し、視聴者はホームページで擁護派と反対派に分かれて大激論。スタート当初は「番組を打ち切ってほしい」「見ていてイヤになる」などの声も寄せられ、スポンサーが提供クレジットを出すことに難色を示す事態にまで発展していた。



Excite エキサイト : 芸能ニュース
[PR]
by weblogs | 2005-09-21 11:33 | へぇー
キリゾーとモッコロが人気のようです。
顔を入れ替える・・・?
よくわからんけど試してみました。ツールはペイントグラフィックです。

c0071542_2344194.gif


こんなかんじなのかな?
口も変えたほうがいいんですかねー

c0071542_14235629.gif



ちなみにコレがオリジナル
c0071542_14241196.gif


<愛・地球博>偽マスコット「キリゾー&モッコロ」登場 [ 09月20日 14時26分 ]

 閉幕まであとわずかの「愛・地球博」。17~19日の連休は観客が殺到したが、その人気を裏打ちするように、公式マスコット「モリゾー&キッコロ」の偽物がインターネットのサイトに登場。「意外に可愛い」と人気を呼んでいる。

 制作者は不明だが、名前は画像の下に「キリゾー&モッコロ」とある。偽物はオリジナルの「モリゾー&キッコロ」の顔を入れ替えただけのもので、ネットを通して広がっているようだ。携帯電話の待ち受け画面用に加工されているものもある。

 サイトでは「オリジナルの方がかわいい」「キリゾーはかわいい」などさまざまな感想が…。朝日新聞が19日に報道したこともあって、「キリゾー&モッコロ」の話題はネット上でさらにひろがりを見せている。25日に「愛・地球博」が閉幕しても、マスコット騒ぎは当分続きそう。


Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by weblogs | 2005-09-20 23:47 | 思いつき

私の大事な1票がー

ようするに『こばやしけんじ』と書いた私はマヌケなのねー!!
家族そろって『コバケン』に入れちゃったのです・・・。


どこの国にマリファナ中毒な国会議員がいるんだよぅ。


しかも、コバケン、国会だか委員会だかで薬物汚染について質疑したらしい・・・。
お・ま・え・だ~~~!!
Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by weblogs | 2005-09-20 19:44 | へぇー